Most viewed

Colossal 映画 ネタバレ

9。みんなの映画を見た感想. ALL RIGHTS RESERVED. 【ネタバレ&内容】映画『スウィート17モンスター(The Edge of 映画レビュー. 年11月3日.

ネタバレは基本的になく、ネタバレするときは事前にその旨を記しています。 トップ > 楽しい映画 > 映画『シンクロナイズドモンスター』とアン・ハサウェイ~感想&怪獣論~. © COLOSSAL MOVIE PRODUCTIONS, LLC. colossal タイで最も有名な怖い話『Mae Nak Phra Khanong』の映画化。 タイでも大熱狂で迎えられ、その後は世界中で公開されたという映画。 何度もテレビドラマ化・映画化されてきたのでタイ人で知らない人はいないようです。 タイ人の友人曰く『Nang Nak』はタイ幽霊界のプリンセス級だそうです。 撮影は主に夜、行われ、なるべく自然の明かりを使用したそう。どうりで不気味。 年には、『Pea Mac』としてコメディタッチにリメイクされ、タイの歴代興行収入記録を塗り替えたのも記憶に新しい所。 本作は、 タイ文化(おまじないやら仏教やら)が詰まった教科書のような映画。 例えば、 ・かがんで、股の下から後ろを見ると幽霊が見える。 こういう迷信が信じられているんですよね。. YouTubeの紹介動画で見て以来ずっと気になっていた「シンクロナイズドモンスター」。 colossal 映画 ネタバレ ふと思い出したときにAmazonプライムビデオで検索すると、なんとラインナップされてるじゃないか! 気になった映画が定額(気分的には無料)でいつでも見れるなんてホント、良い時代になったなーと思い.

net 日本公式. See colossal 映画 ネタバレ full list on hellothailand. 映画『シンクロナイズドモンスター』の感想&レビューです。前半はネタバレなし、後半からネタバレありとなっています。原題:Colossal 製作国:カナダ 製作年:年 日本公開日:年11月3日 監督:ナチョ・ビガロンド 【個人的評価】 星 7/1. 年11月3日より劇場公開されるアン・ハサウェイが主演を務める『シンクロナイズドモンスター』。 職ナシ、家ナシ、彼氏ナシ‼︎巨大な怪獣を操るダメウーマンが、負け犬人生と世界の危機に立ち向かう? ハリウッドを代表するオスカー女優アン・ハサウェイ!なんだこりゃ〜!コレは観. アン・ハサウェイ主演の怪獣映画だぞ。 以下はネタバレ注意、 ウェブライターのグロリアは酒飲みがたたって職にあぶれ、ボーイフレンドにも愛想をつかされてニューヨークから故郷の田舎へと帰って来る。. 25年前。 小学生だったオスカーとグロリアは、宿題の展示模型を持って登校しようとしていました。 オスカーの模型は小学生低学年の出来としてはまずまずですが、グロリアの韓国の町並みの模型は、精巧に作られていました。 グロリアの模型が突風で飛ばされます。 オスカーが自分の模型を置くと、グロリアの模型を追ってしげみに入りました。しげみの先が公園です。 遅れてしげみに入ったグロリアは、見ました。 オスカーがひっかかったグロリアの模型を取ると、地面に置き、何度も踏みつけたのです。 グロリアは怒りますが、その瞬間に、グロリアの脳天に落雷がありました。 グロリアもオスカーも落雷で吹き飛びますが、その際にバッグにしまってあった、怪獣(グロリア側)とロボット(オスカー側)が出てきました. . アン・ハサウェイが演じたグロリアは、自堕落な生活を送り、居場所を失い地元に帰ってしまいます。 そんな精神的に弱ったグロリアが幼なじみオスカーと再会します。 やがてグロリアはオスカーの営むバーのテレビでソウルに出現する怪獣を見ることになるのです。 この怪獣とグロリアの関係について、アン・ハサウェイは次のようなコメントをしています。 「突然巨大怪獣がソウルを攻撃し始める。世界中の誰もが混乱に陥る中、彼女は泥酔した次の日に怪獣の動画を見て気がつくの。自分そのものが怪獣だとね」 さて、彼女の内なる“念”の怪獣とは何か? 愉快!痛快!キキカイカイな『シンクロナイズドモンスター』は、年11月3日より劇場公開です。 自身の困難を笑いに昇華できる女優アン・ハサウェイはカッコイイのひとこと! ぜひ、お見逃しなく!.

。 25年後、現在。 アメリカ・ニューヨーク州ニューヨーク。 colossal 映画 ネタバレ グロリアはオンラインで記事を書くウェブライターでしたが、1年前に会社をクビになりました。以来、失業状態です。私生活では、恋人のティムと同棲していました。 そもそもグロリアがクビになったのは、ウェブの記事にダジャレを記載したのがはじまりでした。それが原因で、リストラの話があがった時、真っ先にグロリアが解雇されたのです。 面白くないグロリアは、以来酒びたりの日々を送っていました。 その日も朝帰りしたグロリアは、同棲する恋人のティムに「愛してるけど付き合えない。僕が帰るまでに、ここを出てってくれ」と言い渡されます。 アメリカ北東部のニューハンプシャー州、メインヘッド。 ティムの家を追い出されたグロリアは、仕方なく実家へ戻りました。 すでに両親はそこに住んでおらず、グロリアは最低限の荷物を持って帰りますが、家には家具がありません。 町へ戻ってきたグロリアは、マットレスを購入した時に、お向かいに住む同級生の男性・オスカーと再会しました。 オスカーとグロリアは、小学校時代の同級生で幼馴染みです。 オスカーは両親を亡くし、かつて父親が経営していたバーを引き継いでいました。 オスカーのバーに行ったグロリアは、店が半分の規模になり、改装されているのを見ます。 田舎なので客が集まらず、予算も足りず、それで半分だけオスカー好みに改装していました。あとの半分はバックヤードになっています。 その日、オスカーの友人の男性・ガースとジョエルに紹介されたグロリアは、4人で閉店後に呑み明かしました。 グロリアは、頭頂部を掻くのが癖です。(ここ大事!) ジョエルはグロリアに好感を持ち、キスしようとしますが、それを見たオスカーが怒りました。 翌朝、グロリアはマットレスを背負って小さな公園を通り、家に帰ります。 座ったまま眠っていたグロリアは、姉からの電話で起きました。すごいニュースを聞かされます。 なんと、海の向こう側の大韓民国(以後:韓国)のソウルに、巨大怪獣が出現した. シンクロナイズドモンスター原題:Colossal/アメリカ 上映時間110分監督・制作総指揮・脚本:ナチョ・ビガロンド製作:ニコラス・シャルティエ、ゼ. 『映画/シンクロナイズドモンスター』期待ハズレというか.

ネタバレ感想あり!映画『a wrinkle in time/五次元世界のぼうけん(邦題未定)』の予告編動画公開!気になるあらすじや日本公開日、キャスト情報! /1/7 sf, アクション, アドベンチャー, ネタバレ感想, ファンタジー, 映画予告 (原題『COLOSSAL』=『巨大な』) 25年前の韓国。 韓国人の少女は落とした人形があきらめきれず、夜になっても探していました。 母親がもう帰ろうと言いますが、少女はまだ探しています。 人形を見つけた少女は、直後に、夜の住宅街の巨大怪獣の影を見て、悲鳴をあげました. colossal 映画 ネタバレ ダメウーマン⇔怪獣 シンクロ率100%えーとえーとすいません、アン・ハサウェイがとてつもなく地雷臭のするb級(ぽい)映画に出ているのに衝撃を受けて「あんまり面白くないんだろうなぁ」と思いつつもレンタルしました、ちびぞうです。. 今作『シンクロナイズドモンスター』のなかでグロリアは、ネットライターをしていますが、ある記事をきっかけに炎上を起こしてしまい、ネットにいる大勢から嫌われ者になってしまいます。 このことは実生活のアンにも似たようことがあったそうです。 あなたもご存知のように彼女は、女優としてあまりに美しい美貌だけでなく、実力派俳優でもあります。 年公開の『ラブ&ドラッグ』でゴールデングローブ賞の主演女優賞にノミネート。 年は『ダークナイト ライジング』にて、セクシーでグラマーな女怪盗セリーナ・カイル役で一躍人気者へ。 また同年には、『レ・ミゼラブル』にてファンティーヌを演じて、第85回アカデミー賞助演女優賞を受賞します。 しかも、アンの出演したどの作品も記録的な大ヒット作であり、ハリウッド女優としては不動の地位と実績を築き上げています。 ただ、他人とは、どこかで羨み、嫉妬をするものです。このような女優アン・ハサウェイを羨む人たちがたくさん現れました。 アンの成功する要因であった美貌や演技力について、ネットにいる「ハサヘーターズ(アン・アンチな者たち)が、負の言葉の“念”を彼女に送ります。 彼女の美貌や演技力を誹謗中傷したのです。 しかし、彼女は先の章であげたように、自らの生き方や誰かの人生のためにも逃げ出さずに道を切り開く人物です。 そんな「ハサヘーターズ」の“念”に自己と向き合い負けじと、アンは挑みます。 今作『シンクロナイズドモンスター』とは、自己の状況をある意味では自虐的なネタにして、アンが笑いを持って吹き飛ばした快作の映画です。 アン・ハサウェイの真摯な姿勢の現れこそが、“グロリアと怪獣のシンクロ”や“宿命の男オスカー”そのものなのでしょう。 この作品は荒唐無稽な物語ではなく、独りの女性が真の意味で成長をする物語です。 女性のあなたには、ぜひとも観ていただきたい映画ですよ。 もちろん、小難しいお話とかではなく、単純に笑えちゃうアン渾身の一作です! さてさて、まあ、オスカー女優として偉大な(巨大なかな?)アン・ハサウェイ演じるグロリアが、手にしたちっちゃなオスカーを〇〇てしまうのは、あまりにベタですが、気の利いた爆笑なネタもありますので要チェックしてくださいね。. Winai Kraibutrさん(マーク) 出生とかそんなのどうでも良くなるくらいマッチョで猛々しい男前。 本作が映画デビュー作であり、本作によって人気が爆発。 マッチョは正義! ↑本作のコメディタッチのリメイク版。タイのスター・マリオ様が主演です。. 感想 怪獣が自分とシンクロしているという設定はあくまで背景的に描かれていて、メインは都会で失恋して地元に帰ってきた主人公が親切な幼馴染とかにお世話になっていったら、そいつがなかなかのハラスメントを仕掛けてきて悩むという展開. 実写映画ではハンジが開発した設定になっている。 対人立体機動装置 中央第一憲兵団の対人立体機動部隊が使用する立体機動装置で、対巨人用のものとはデザインや装着方法が異なる。. 田舎の森の中で幸せに暮らす夫婦。夫マーク、妻ナーク。 妻ナークの妊娠が発覚し、幸せ絶頂。そんな中、夫マークはベトナムとの戦争のために戦地に駆り出されることに。 妻ナーク『あなた、、、、行かないで!』 二人は涙ながらにお別れします。 画像出典:Ferdy on Films 夫マークは数か月間、戦地で戦っています。 何人もの友人を失い、自身も致命傷を負ってしまい倒れてしまいます。 『もう命は助からない。』 そう宣告され、お寺に運ばれる夫マーク。 僧侶さん達の懸命な看病と祈り(?)で奇跡的に回復した夫マークは、妻ナークの元へすぐに戻ります。 僧侶『これから何が起こっても動揺するでないぞ。』 夫マークは僧侶の言葉を胸に妻ナークの元へ帰ります。 夫マークが帰る途中、村人たちは自分を避けるかのように話しかけてこない事を気にしつつも、やっぱり頭の中は妻ナークで一杯。 夫マーク『ナーク?ナーーク?いるか??帰ってきたぞ。』 妻ナーク『あなた♥』 妻ナークは赤ちゃんを抱えて、夫マークを出迎えます。 感動の再会。 その後は、以前と変わらず、夫マークを献身的に支える妻、そしてニート状態の夫マークのラブラブ生活が始まります。 二人は常に寄り添い、夜の生活も順調。 しかし、夫マークは戦地における友人の死などの記憶がフラッシュバックするなど、毎晩うなされる日々が続きます。 画像出典:Ferdy on Films 時が経ち、 夫マークは親友を発見。 夫マーク『おーい??久しぶりだな??』 声をかけるも、親友は怯えるように逃げていきます。 村ではとある幽霊に悩まされており、夜になると現れる幽霊に皆、怯えています。 ある日、親友がこっそりやってきて夫マークに言います。 親友『怒らないで聞いてくれよ。お前の妻ナークは死んでいる。子供もだ。お前は今、幽霊と一緒に住んでいるんだ。』 夫マークは現在も一緒に生活している妻ナークが死んでいるとは信じる事もできず、激怒します。 夫マーク『ふざけるな!お前が親友じゃなかったらぶん殴っているところだよ』 夫は自分が戦地に行っている間、何らかに理由で妻ナークが村人に嫌われ、そのせいで悪く言っているのではと思います。 家に帰る夫マーク。 夫マーク『親友がお前は死んでいるっていうんだ。そんなバカな話があるわけないよな。』 妻ナークは悲しそうな表情です。 同時に、夫マ. 《ネタバレ》 colossal 映画 ネタバレ アン・ハサウェイこんな映画出てたんだってだけで借りてみたものの。 やはり脳の中は、ちゃんとどのジャンルの映画なのか、カテゴライズの準備をして鑑賞するようになっているらしく。.

女優であるアン・ジャクリーン・ハサウェイ(Anne Jacqueline Hathaway)は、1982年11月12日生まれのニューヨーク市ブルックリン区出身の女優。 父親ジェラルド・ハサウェイは弁護士、母親のケイト・マッコーレーは舞台女優という両親のもと、敬虔なカトリック教徒の家庭で何不自由なく育ちます。 また、彼女の名前の由来は劇作家ウィリアム・シェイクスピアの妻であるアン・ハサウェイから得たことも有名な話です。 さらにアンは、カトリック教徒として育ったことで将来の夢は修道女に成ることを希望します。 しかし、アンは彼女が15歳の時に兄がゲイであることを知りました。そんな兄の性的指向や人格を認めない宗教に信仰心は尽くせないと、彼女はその道を取りやめます。 さらに、これをきっかけにして、アンを含めた家族全員がカトリック教会から離脱。 信仰心を強く持ったアンやその家族が、兄のために精神的な葛藤と困難を克服しようとした姿勢は、思春期のアンに強く影響を与えたのではないでしょうか。 問題を前にして逃げ出さないアンの姿勢や、周囲にいた愛する家族も同様に実行した思考は、アンの原風景として大きかったような気がします。 どこかで、『シンクロナイズドモンスター』の主人公グロリアの下した判断。また、“宿命の男オスカーが許せない”という、アン自身のバックボーンが見え隠れしてはいないでしょうか。. 映画『シンクロナイズドモンスター(原題:Colossal, )』ネタバレ&内容 colossal 映画 ネタバレ 突如現れた巨大怪獣。 それを操っているのは自分だった! アン・ハサウェイ最新作. ファスベンダーの顔が綺麗す.

。 要は「妬み」なのです。 オスカーはグロリアを女性として意識し、手放すのを嫌がっているわけではありません。 グロリアは失敗したとはいえ、一時はニューヨークでウェブライターをするという、華やかな生活をしていました。 それに引き換えオスカーは、寂れた町の父のバーを経営するという、平凡で退屈きわまりない人生を送っています。 自分の元に引きとどめ、同じレベルに落としてやろうという、やっかみの気持ちが、オスカーにはあったのでした。 (途中、ジョエルとグロリアが関係を持つなど、ややこしい展開があったので気づきにくい。 「俺にも主役の座が回ってきたんだ」というオスカーの発言が、如実にオスカーの気持ちを表している) やっとそれに気づいたグロリアは、オスカーの目の前でティムに電話を入れ、一緒に帰ると発言します。 怒ったオスカーは公園でグロリアを殴ると、「帰ってもいいが、毎日こうしてやる」と公園で暴れました。グロリアは嘆きます。. ネットで怪獣について調べたグロリアは、25年前にも1度だけ、韓国にその怪獣が現れたことを知ります。 その時は特に被害もなく、動画が気軽に撮れる時代ではなかったため、当時の証拠は写真くらいしかなく、「いたずら扱い」されていました。 酔った時に、グロリアはオスカーに「バーで働く」と言ったと聞かされます。 それを教わったグロリアは、閉鎖されている昔のカントリー調の店の方で働きたいと言いました。オスカーの許可をもらいます。 オスカーとハグしたグロリアは、怪獣が頭を掻いているのを見て「!?」と思います。 2日連続で韓国に出現したモンスター(怪獣)を見てみると、初日の怪獣は「マットレスを運んでいる自分」、2日目は「ティムと通話しつつ突っ立って、頭を掻く自分」と動きが一緒だと、グロリアは気づきました。 興味を持ったグロリアは呑むのをやめ、地図と首っ引きで考えます。 そして気づいたのです。 アメリカの午前8時5分からしばらくのあいだ、家の近所の公園にグロリアが入ると、韓国の方で怪獣が出現するのです。 早速グロリアはその仮説を裏付けしようと、試しました。 午前8時5分に公園で立ち、左手を挙げた後、両手を挙げてみます。 すると、怪獣は全く同じ動きをしました。グロリアは大変な発見をしたと思います。 元カレのティムは、グロリアが田舎へ帰ったことを知ってはいますが、自分との関係が薄れるとは考えていませんでした。 ティムとグロリアがネットで通話をしている最中に、オスカーとジョエルがソファを運びこみます。 通話の最中にもかかわらず、グロリアが自分の存在を忘れたことで、ティムはショックを受けました。少しずつあせります。 その夜いつものように閉店後のバーで呑んだグロリアは、大発見をしたと言い、オスカー、ジョエル、ガースの3人を明け方に公園へ連れていきました。 午前8時にスマホで「ソウル攻撃ライブ中継」映像を見るようにと3人に告げると、グロリアは公園で踊り始めます。 colossal 映画 ネタバレ すると、怪獣も踊り始めました。怪獣とグロリアの動きがシンクロしているのを見て、3人は驚きます。 「アプリ使ってるんだろ」「いたずらだろ」と3人は口々に言いますが、ミサイルで攻撃を受けた箇所を、グロリアが痛がりました。グロリアは画面を見ていないし、ライブ中継なので3人は納得します。 頭にヘリがぶつかったグロリアは、酔ったまま転びました. シンクロナイズドモンスター()の映画情報。評価レビュー 502件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:アン・ハサウェイ 他。『レイチェルの結婚』『レ・ミゼラブル』などのアン・ハサウェイが主演と製作総指揮を務めた異色作。失意のヒロインが、突如現れた巨大怪獣を操り世界. 。. こんにちは。 映画が大好きなアラフィフおじいちゃんのエラムです。 今回、無料で視聴する映画は年に公開された【. 詳しく説明したらネタバレ. アン・ハサウェイのダメ女っぷりもかわいらしい映画『Colossal』はアメリカで4月7日に公開です。.

シンクロナイズドモンスターの作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。「プラダを着た悪魔」「レ・ミゼラブル」のアン. 映画『シンクロナイズドモンスター』の感想&レビューです。前半はネタバレなし、後半からネタバレありとなっています。原題:Colossal 製作国:カナダ(年) 日本公開日:年11月3日 監督:ナチョ・ビガロンド. ネタバレ戯言/ 最終更新日 :gonazi コメディ 有名女優アン・ハサウェイ主演の 『映画/シンクロナイズドモンスター』 でネタバレ戯言を。.

アン・ハサウェイ主演の怪獣SF映画「Colossal」コロッサルの予告編が公開に。ゴジラっぽくないかい?と公開前から訴えられたりと災難続きの映画が遂に公開へ 映画 Colossal コロッサル 予告編 あらすじ 女は謎の. See full list on cinemarche. 16 映画『シンクロナイズドモンスター(原題:Colossal, )』 年公開映画. 2/10IMDb 80%Rotten Tomatoes 年11月07日時点 関連記事 アン・ハサウェイが怪獣を操り、韓国で大暴れする異色怪獣映画「COLOSSAL」の予告編公開 : シネマ速報 -2ch映画まとめ 引用元:シンクロナイズドモンスター Colossal 1: 名無シネマ@上映中 /10/05(木) 22:01:59. 1 【ネタバレ】「カーズ クロスロード」は大人向けディズニー映画だった件 映画.

憧れのニューヨークで働いていた職を失ったグロリア。 失業してからというもの、毎晩のように酒に酔って暴走したあげく、同棲中の彼氏ティムからも家を追い出されてしまいます。 仕事と家と彼氏のすべてを失ったグロリアは生まれ育った故郷の田舎町に帰って来ました。 そこで再会した幼馴染みのオスカーに誘われて、グロリアはオスカーが経営するバーで働くことにしました。 そんなグロリアが新生活への一歩を踏み出すなか、衝撃のニュースが世界を駆け巡りました。なんと韓国ソウルで謎の大怪獣が出現したというのです。 テレビに映し出された怪獣の姿を映し出した映像を見たグロリア。彼女はある異変に気づきます。 「この怪獣、私と全く同じ動きをする⁈」舞い上がったグロリアは、怪獣をシンクロさせて操ると世界をさらなる混乱へと陥れるのだが、そこに“新たなる存在”が立ちはだかったのです. 今作『シンクロナイズドモンスター』の主人公グロリアを演じたのは、誰もがご存知のアカデミー賞女優のアン・ハサウェイ。 この映画のプロデューサー(制作総指揮)の一角を、アン自身が務めたことからも分かるように、彼女にとって、どうしても制作しなくてはならない理由のある映画だったのでしょう。 一体どうして、アンはダメダメな女性グロリアと巨大怪獣がシンクロするという、奇妙な映画を作ろうとしたのでしょう? 職なく家もない、また交際相手ティムからも見捨てられたグロリアは、行き場がなくしぶしぶ故郷に逃げ帰ります。 そこでオスカーというある宿命の男に出会うのですが、このあたりの展開は、あなた自身の目で映画をご鑑賞くださいね。 さて、今作の予告編を見たあなたなら、既にお気付きのようにグロリアと韓国ソウルに出現した怪獣の動作はシンクロしています。 また予告編にはアン演じるグロリアが、「わたしはダメじゃない」と呟いています。 この台詞が言い表しているように、この作品はグロリアが奮起して“自ら再生をしようとする”物語です。 単に怪獣とシンクロして何かを倒す(予告編に見られるロボット)ことで再生を果たすのではなく、グロリアの心の奥底にあるひとつの“念”のような存在と対峙することで克服をしていきます。 つまりは「グロリア ⇄ 怪獣」と相対する“念”の関係であり、また、宿命の男オスカーも、「オスカー ⇄ グロリア」の“怨”の関係と言える鏡合わせの構造の面白さを見せています。 そして深読みをするならば、「アン ⇄ colossal 映画 ネタバレ 怪獣 ⇄ グロリア」となっているからこそ、この映画をアンはどうしても作りたかった(演じたかった)のではないでしょうか。 そのようなことに気を留めて、アン・ハサウェイの生い立ちから物事に対峙する彼女の姿勢を紐解いていきましょう。. 映画「シンクロナイズドモンスター」のあらすじと結末をネタバレ解説。動画やキャスト紹介、レビューや感想も掲載。ストーリーのラストまで簡単解説します。 /2/13 更新.

. 映画 ヒート(1995) ネタバレ感想 デニーロvsパチーノ 犯罪作品の傑作. See full list on hm-hm. 年に公開された映画『シンクロナイズドモンスター』(原題: Colossal)は、監督・脚本をナチョ・ビガロンドが担当したSF映画です。 コメディ色が強く、評論家からは良い意味で「実に奇妙な映画だ」と評価されています。. 18 【ネタバレ&内容】ホラー映画『ポラロイド (Polaroi. グロリアはオスカーに頼み、韓国人のお店で韓国語表記を教わりました。 翌朝、グロリアは8時5分に公園に立つと、みんなに「どけ」というアピールをし、公園の土に「ごめんなさい、もうしません」という韓国語を書きました。 世界中がこの現象に驚きます。怪獣と意思疎通ができるのか、怪獣は敵ではなく、味方なのかという意見が出ました。 グロリアはお酒を控えようと決め、ジョエルとベッドインします。 その次の日の朝。 ジョエル宅で目覚めたグロリアは、『ロボットがビジネス街で威嚇』というニュースを聞いて驚きます。 ジョエルとともに公園へ駆け付けると、オスカーとガースが悪ふざけしていました。 グロリアは公園を出ろと言いますが、オスカーが拒否したため、平手打ちをします。 この様子がニュースで報道され、『怪獣とロボットは仲間ではない』『怪獣は人類の味方か』などと評判になりました。 怪獣に人気があがり、韓国では観光客が増加したそうです。 オスカーは、ロボットと怪獣の出現動画を見ては、喜びました。 グロリアは、もうこれ以上バカな真似をしたくないので酒を断とうと思いますが、オスカーは「呑まないなら、歩きに行くぞ」とグロリアを脅します。 オスカーとグロリアは対立しました。 オスカーは「俺にも主役の座が回ってきた」と言いながら、グロリアにバーの戸締まりの用事を押し付けると、公園へ急ぎます。 グロリアも駆け付けると、オスカーと取っ組み合いになりました。 グロリアはオスカーに「店の仕事を辞める」と言いますが、オスカーは「辞めるなら、一区画つぶしてやる」と脅します。 あとで反省したのか、グロリアの元へジョエルがやってくると、「オスカーから」と家具一色が届きました。オスカーのおじの家具です。 向かいのオスカーの家を訪問すると、オスカーはグロリアに謝りました。グロリアもオスカーに謝ります。 グロリアはオスカーに、閉店後に呑むのをやめようと言いました。グロリア自身、酒で失敗しているので、そのことを引き合いに出します。 ティムから連絡を受け、グロリアは町のビジネスホテルへ行きました。 ティムは仕事で町へ来ていると言いますが、嘘なのは明らかでした。 ティムはグロリアと復縁したがります。 グロリアがティムを連れて店へ行きます。 ティムがグロリアを連れ帰ろうとしていると知ると、またもやオスカーは怒りました。 店の中で大. 映画「colossal」はもともとソウルではなく東京が舞台になる予定で、ゴジラを想起させるようなプロモーションを展開した制作会社が東宝に提訴.